• 2ES50の最高温度は定格電流で何度になりますか? plus icon minus icon
  •   MM-2ES50の最高内部温度は110℃~120℃です。標準的な動作条件下で、最大25%のミスマッチがあるシステムに設置した場合、弊社のオプティマイザー(マキシマイザー)は約30℃を放熱します。すなわち、周囲温度が25℃の場合、このような条件下で定格電流を流すと、オプティマイザーの周囲温度は最高約55℃となることを示します。   もっと見る
  • オプティマイザーが停止した場合どうなりますか? plus icon minus icon
  •   ほとんどの障害発生時に、それがスマートモジュールか後付けオプティマイザー(マキシマイザー)かに関わらず、タイゴエナジー製システムの導入前と同様に太陽光パネルは発電を続けます。発電は最適化されませんが、システムとしてはタイゴがないものとして機能します。   もっと見る
  • スマートカーブが停止した場合どうなりますか?どのくらいの頻度で発生しますか? plus icon minus icon
  •   スマートカーブが停止するには、MOSFET部品も停止しなければなりません。この部品の障害発生率は、装置10億個の中の4.28個という確率です(第三者の分析による)。 ストリングの最大電圧(600V / 1000V)を超えるには、1個以上の装置が停止する必要があります(通常それよりもさらに、周囲温度によっては、停止する毎にストリングの電圧蓄積量に約5V~10Vが加算されます)。  米... もっと見る
  • 正と負を接続したストリングで短絡が生じた場合、2ES50はどうなりますか? plus icon minus icon
  •   MM-2ESが遮断されて「過電流」状態が送信されますが、電流や電圧など他の全ての標準測定値は通常通りです。危険が皆無になり、マネジメントユニット(MMU)の稼働が再開されるまで、オプティマイザー(マキシマイザー)はオフ状態で待機します。   もっと見る