Scroll
フォローする

システムの発電量が低い?季節のせいかもしれません

 

最近、ご使用のシステムの発電量が今までに比べて低いことに気づかれませんでしたか?ほんの2~3カ月前までは、今と比べてずっと発電効率が良かったかもしれません。これは季節の変化に関係している可能性があります。 

図1は、2012年2月14日の午前11時における特定システムの画面を示しています。図2は、2012年6月27日の同時刻における同じシステムの画面を示しています。図2では、同じ時刻なのにシステムの発電量がかなり多くなっています。これはなぜでしょう? 

このシステムは木々の側に取り付けられていることがわかりました。冬の間は日が低く、右下のパネルは長時間日陰に隠れています(この例では午前11時まで)。夏の間はパネル上に直接日が照りつけ、システムに影がかかることはほとんどありません。 

図3は、2012年10月29日の同時刻における同じシステムの画面を示しています。この時刻に、日が沈み始めました。ご覧のように、同じ発電量低下が午前中に生じています。 

システムによる発電量の低下に気づかれた場合は、年間を通した発電量の増減傾向を確認してください。これは季節の変化のせいかもしれません。 

1 - 影が重く、日射量の少ない2月

 

2 - 影がなく、日射量の多い6月

 

3 - 影が重く、日射量の少ない10月

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk