Scroll
フォローする

ゲートウェイの配置

 ゲートウェイの配置

 

システム概要

タイゴ最適化された太陽光発電システムは、4つの主要部品から構成されています。

  1. クラウドコネクトまたはマネジメントユニット(MMU)
  2. ゲートウェイ
  3. スマートモジュール(または、タイゴ製品マキシマイザーが搭載されたパネル)
  4. インバーター

システムに必要なゲートウェイとクラウドコネクト/MMUの数は、パネル数と設置の規模・レイアウトの両方の要素によって決まります。

 

ゲートウェイの基本

それぞれのクラウドコネクトまたはMMU1台には、RS-485ケーブル(別売)を用いて最大7台までゲートウェイを直列に接続することができます。


各ゲートウェイは、最大120枚のタイゴ製品搭載パネルと通信できます。


ゲートウェイの通信範囲は最大半径15m(推奨12m)です。パネルがゲートウェイから15m以上離れている場合は、追加のゲートウェイをご使用ください。

 

複数のゲートウェイ

120枚以上のパネルを使用するシステムの場合、またはパネルがゲートウェイから15m以上離れている場合、複数のゲートウェイを直列に接続できます。複数の向きに面したシステムの場合、通信を確保するため向きに応じて追加のゲートウェイを120枚に拘らず取り付ける必要があります。

直列のゲートウェイ

 

 

完全な通信範囲

屋根から突き出した採光用窓や煙突、ACユニットなどの障害物は、ゲートウェイとスマートモジュール間の通信経路を妨げる場合があります。障害物は、ゲートウェイの有効な通信範囲を狭めることがあります。完全な通信範囲を確保するには、すべてのパネルの通信範囲内にゲートウェイが入るように位置を変えたり、ゲートウェイを追加したりしてください。

障害物の周囲に設置されたゲートウェイ

 

 

 

 

住宅用:簡単なゲートウェイの配置

ゲートウェイ1台を設置したL型住宅

 

ゲートウェイ2台を設置した、採光用窓付きL字型住宅

複数の向きに面したL字型住宅

複数の屋根

 

補足情報

ディスカバリープロセス中に、クラウドコネクトまたはMMUは無線信号の強度に基づいて、スマートモジュールを最適なゲートウェイに割り当てます。複数のゲートウェイを使用するシステムを設計する場合は、最適な結果を得るために、隣接したゲートウェイ間で通信範囲が一部重なり合うようにします。


ゲートウェイはできる限り、常にパネルのフレームに設置してください。ただし、屋根の素材によっては、ゲートウェイを屋根裏に設置することも可能です。通信の障害になるので金属製の屋根にはお勧めできません。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk