Scroll
フォローする

追加出力はどのくらい期待できますか?

 

PHOTON誌が実施した、理想的設計による影のない発電試験によると、弊社が最適化したシステムは、最適化していない設備に比べて発電量が3.2%増加しています。この研究に関する記事を読むには、 こちらをクリックしてください。

ほとんどの産業用システムの場合、弊社の後付けオプティマイザー(マキシマイザー)を追加した直後の2~3カ月間で発電量が4~6%増加しています。弊社のシステムはパネル間のミスマッチ(バラツキ)を修正します。ミスマッチのないシステムは存在しません。出力の低いパネルは同じストリングにつないだ他のパネルの出力を低下させてしまうため、パネル間のミスマッチは、システムの総出力を不均衡に低下させます。ミスマッチの一因は、一般的にパネルのバラツキが±5%の範囲内にあることです(これはミスマッチの最小範囲を決定します)。また、高温のパネルと低温のパネル間における最高20℃の外気温度によるミスマッチも常に監視しています。パネル間ミスマッチの一般的な原因の例としては他に、影によるもの、パネルの向きが異なっていること、長期にわたり異なる速度でパネルが劣化することなどが含まれます。住宅用システムの場合は、上記諸因子により出力の低下したシステムの出力を20%まで引き上げた事例があります。

数多くのお客様が、スマートモジュール又は後付けオプティマイザー(マキシマイザー)を組み込んだ設備によって出力の増加を達成されていらっしゃいます。この出力増加の実際を裏付ける多くの比較試験(サイドバイサイドテスト)の結果がそれを証明しています。弊社の事例をご覧になるには、 こちらをクリックしてください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk