Scroll
フォローする

インピーダンスマッチング

インピーダンスマッチングはどのように機能しますか?

インピーダンスマッチングは、直径が異なる部分からなる1本の水道管を例えにすると理解できます。左側のような発電のよいパネル(150W)を直径の大きな部分とみなし、50Wで作動する中間のパネルを直径の小さい部分とみなします。

50Wパネルから生じる電流は150Wパネルよりも少ない

 

出力の異なるパネルをストリングにつなぐことは、直径の異なる水道管部をつなぐことに似ています。すなわち、直径の小さい部分は水道管全体の水の流れに影響してきます。同様に、発電の低いパネルはアレイ全体の発電量を下げます。発電の低いパネルを通る電流は、2つの重要な方法によって妨げられます。

  • 弱いパネルは能力以上の高い電流を扱う必要があるため、放熱します。
  • 弱いパネルは漏電し始め、さらにストリング全体の出力を低下させます。

弊社の「インピーダンスマッチング」技術は、パネル間のミスマッチによって生じる問題に対し解決策を提供します。タイゴエナジーの特許取得済アプローチは、弱いパネルを避けて電流が流れるように並列経路を確保し、エネルギーの最適な流れを実現します。この迂回路はストリングを通してエネルギーの最適な流れを維持します。

 

迂回路を使用した図

 

システム部品

タイゴのオプティマイザーはパネルのパラメータ(電流と電圧)を常に測定し、アンテナを介した無線通信を用いて測定値をMMUに送信します。MMUは高度な解析アルゴリズムを利用し、アレイ内の電力をスムーズに確保するために適用すべきインピーダンスマッチング因子(IMF)を各オプティマイザーに送ります。

システム全体の中央ビューは、アルゴリズムがIMFに関する決定を行い、特定ストリング内のミスマッチやストリング間のミスマッチを軽減できるようにします。

オプティマイザーからMMUへ送信される全データは、継続的な性能改善・向上を目的として弊社が保存し活用します。

 

詳細については、次のインピーダンスマッチングに関する白書(ホワイトペーパー)をご参照ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk