Scroll
フォローする

高温環境下におけるタイゴ製品の利点

 

- 高効率:これは熱に変換されるエネルギーはほとんどないことを指します。弊社の発電効率は250Wのパネルで最大99.5%です。すなわち、ほんの0.5%(この例では1.25W)が放散されるだけです。弊社のスマートジャンクションボックスを標準条件で使用した場合、周囲温度の+12℃となります。周囲温度が50℃の場合、ジャンクションボックス(接続箱)近傍の温度は62℃になります。オプティマイザー(マキシマイザー)は動作範囲全体を通して高効率を維持し、定格電流であっても、温度を約30℃だけ上昇させます。他の太陽電パネルの電力機器に比べると、これは低い値です。例えば、マイクロインバーターは標準動作で最大12Wを放射します(弊社の場合はたったの1~1.5W)。

- オプティマイザー(スマートジャンクションボックスでさえも)はパネルのバックシートから物理的に分離されており、追加の熱が太陽光パネルに直接放散されることはありません。ジャンクションボックスのプラスチックと太陽光パネルのバックシート間には隙間があり、オプティマイザーやモジュールの温度を下げるために空気が流れるようになっています。次の写真に、オプティマイザーに低温及び高温のバックシート、マイクロインバーターを使用した場合の比較を示します。放熱があっても、オプティマイザーはバックシートよりも低い温度を保っていることを、両方の事例が示しています。

 

高温バックシートにおける弊社オプティマイザー(マキシマイザー)

 

 

 低温バックシートにおける弊社オプティマイザー(マキシマイザー)

 

 マイクロインバーター

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk