Scroll
フォローする

電圧を低減すること

設置業者が好む特徴

国際安全規格の範囲内で30%長いストリングを実現できるため、設計の柔軟性は飛躍的に向上します。しかし、弊社の30%長いストリングを設置業者が好むのは、柔軟性向上だけが理由ではありません。ストリングが長くなるということは、ストリングの数が少なくてすむことを意味します。さらに、ストリングの数が少ないということは、ワット当たりの接続箱、ヒューズ、遮断器、DC給電線などが少なくてすむことを意味しています。これによって設置時間やコストを削減し、ひいては設置業者による作業時間の短縮や部品の節減、コスト削減(ワット当たり5セント)にもつながります。さらに全体として、BOS(Balance of Systems)費が最大30%削減されます。

 

ストリングの数が少ないということは、設置kW当たりの接続箱、ヒューズ、銅線、人件費を削減できることを意味しています。

まとめ

タイゴの開放電圧低減テクノロジーにより各モジュールの最大電圧を低減することで、エンジニアは、従来のシステム基準によるストリングよりもパネル枚数を増やして長いストリングを設置することができます。設計に柔軟性を持たせることで、出力を高めると共に、システム全体のコストを削減します。弊社は、この技術によって家庭や法人のお客様が太陽光発電管理システムを前向きに採用されると確信しています。

 

システム設計者向けに必要な全ての情報については、スマートモジュールのデータシートをご参照ください。

 

この進歩を裏付けるテクノロジーの詳細については、次のアプリケーションノートをご覧ください。

 

注釈:タイゴオプティマイザーがPVモジュールのジャンクションボックスに統合されている“スマートモジュール”のみ、ロンガ―ストリング機能が提供されています。

2ES等の追加搭載用のオプティマイザーには、ロンガ―ストリング機能は提供されておりません。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk